肌ケアご紹介、私はこうして乾燥肌を克服しました

肌が乾燥しやすい、かさかさする、かゆくなってしまう・・。肌の悩みは絶えません。私も昔はそうでした。そんな私がどうやって乾燥肌を克服したかご紹介します。

RSS 2.0

皮膚ってどうなってるの?


肌は体内の変化や心の動きなどを、映し出しているといっても過言ではないでしょう。悪いことがあったりすると顔から血の気がみるみる引いていったり、寝不足だと目の下に隈ができたりと、変化は顔を見ればわかります。
身体の一番外側の皮膚は単なる一枚の皮などではなく、古いものは角質となって剥がれ落ち、新しいものが生まれてくるサイクルによって絶えず生まれ変わっています。さらに、自律神経やホルモンの影響を受け、季節的、環境的な影響を受けながら、様々な状況に対応する生きた臓器です。
皮膚は表皮と真皮の2層からなっています。いちばん表面の表皮は、ケラチンというタンパク質からできており、ターンオーバーを繰り返しています。ターンオーバーとは、表皮の一番奥で新しい細胞が生まれ、いちばん外側の古い角質から順に剥がれ落ちることによって、それが少しづつ外側へ押し出されていくのです。28日間をかけて、表皮は生まれ変わります。そのため、小さな傷などは修復されて消えてしまいます。
真皮は、おもにコラーゲンというタンパク質からできています。このコラーゲンが真皮の弾力を保っていて、年齢とともに弾力を失いもろくなってしまい、しわの原因となるのです。このコラーゲンの新陳代謝は非常にゆっくりとしていて、生まれ変わるのに2~6年かかるといわれています。表皮のターンオーバーとは比べ物にならないほど遅いので、真皮まで達した傷は、跡が残ってしまうこともあります。

 

 

OFF
sp-kanri