肌ケアご紹介、私はこうして乾燥肌を克服しました

肌が乾燥しやすい、かさかさする、かゆくなってしまう・・。肌の悩みは絶えません。私も昔はそうでした。そんな私がどうやって乾燥肌を克服したかご紹介します。

RSS 2.0

角質層のちから


角質層は、表皮のいちばん外側の部分です。この角質層が身体全体を包んでいて、厚さは、顔で0.02ミリと非常に薄いものです。しかし、この薄い角質層が気温の変化や、乾燥、細菌やウィルスから身体を守る重要な働きをしているのです。
角質層は、常に30%以上の水分を保っており、マイナス20度になっても凍らず、湿度が0になっても蒸発しません。人間が極端に寒いところや、砂漠のようなところに行っても生きていけるのは、この角質層のおかげといえます。角質細胞間脂質の中で最も重要なのはセラミドといわれるもので、保湿剤としてよく知られています。角質層は、このセラミドによって水分を含んでいるために、みずみすしさがあり弾力があるのです。加齢とともにセラミドが失われていき、肌が乾燥するようになります。そこで、セラミドを補うスキンケアが、どんどん増えてきました。
特筆すべき角質層の力は、バリアー機能を持つということです。洗剤に素手で触れて身体に入ってきますか?海水浴で海水が身体に染み込んできますか?もちろん答えはNOです。この働きが身体を外部から守るバリアー機能なのです。この機能が正常に働いているうちは、雑菌なども入ってくることはありません。
乾燥や肌荒れ、湿疹などによって、角質の表面が荒れた状態になると、バリアー機能が失われます。洗剤がしみたり、少しの刺激にも敏感に反応して痒くなったり、痛みを感じたりすることになってしまいます。荒れた状態の角質からは、雑菌なども入りやすくなります。バリヤー機能を正常に保つために、適切なスキンケアを行いたいものです。

 

OFF
sp-kanri