肌ケアご紹介、私はこうして乾燥肌を克服しました

肌が乾燥しやすい、かさかさする、かゆくなってしまう・・。肌の悩みは絶えません。私も昔はそうでした。そんな私がどうやって乾燥肌を克服したかご紹介します。

RSS 2.0

どこをどの位洗うのか


日本人は清潔好きといわれているとおり、毎日、身体中をゴシゴシ洗います。でも、身体から出てくる皮脂の量は、どこも同じではありません。皮脂があまり出ない部分をボディシャンプーでゴシゴシ洗ったらどうなると思いますか?太ももやふくらはぎが乾燥して、白っぽくなっていたら、乾燥しているサインです。膝頭など、よく見ると皮膚が乾燥しきって、カサカサになっていたりもします。
抗菌グッズや抗菌石鹸など、抗菌ブームのために洗いすぎの人が多く見られます。この洗いすぎは角質層を痛めつけ、角質のバリヤー機能を低下させたり、損なったりする原因となります。背中や胸の中心部は皮脂が多く分泌されるところなので、毎日洗っても大丈夫でしょう。足の指なども、汗の多いところです。反対に、腕や脚は、あまり皮脂が分泌されないので、様子を見ながら、洗いすぎでない程度に、軽く洗うか、冬場などは二日に一度、洗うくらいで十分ではないでしょうか。
全身を同じように洗うのではなく、メリハリをつけて洗うようにすると、乾燥からくるトラブルもかなり抑えられるということです。
最近ではボディシャンプーが主流になっていますが、ポンプからたくさん出してしまいがちです。乾燥肌の人には、良くないかもしれません。だからといって、ボディシャンプーを薄めて容器の中に入れていると、雑菌の繁殖原因になりますので、やめましょう。ボディシャンプーを使い慣れている人には、少し面倒かもしれませんが、固形石鹸を使うのがおすすめです。いろいろな種類があって、乾燥肌用のものも出ています。

 

OFF
sp-kanri