肌ケアご紹介、私はこうして乾燥肌を克服しました

肌が乾燥しやすい、かさかさする、かゆくなってしまう・・。肌の悩みは絶えません。私も昔はそうでした。そんな私がどうやって乾燥肌を克服したかご紹介します。

RSS 2.0

乾燥肌の保湿


乾燥肌は保湿をどのようにケアするかを考えてみましょう。乾燥肌の人が、最近は増えているようです。
体の保湿には、尿素入りの保湿ケア用品が最適です。尿素には角質を柔らかくする作用があるため、角質層のトラブルを防ぐためにもなりますし、肌がなめらかになります。特に、ひじ、ひざ、かかとがガサガサしてしまう人には、使っていただきたいです。尿素入りケア用品には、ローションからクリーム状のものまで、いろいろなものがありますので、乾燥の具合に応じて使い分けるといいでしょう。
なかには、尿素配合のケア用品をつけて、痒くなったり、しみてヒリヒリする人がいるようなのですが、尿素自体は体内にあるものですので、身体に合わないということは考えられにくいです。肌荒れがひどいために、角質層のバリアーが機能を失い、そこから尿素が入り込んで、痒くなったりしみたりということがあるそうです。尿素はダメだと思ってしまわないで、尿素の配合量が同じでも、基材(尿素以外の元となる原料)によって使用感はかなり違ってきますので、いろいろ試してみてください。
顔の保湿については、セラミド配合のものを使うのが理想的です。セラミドは、肌の保湿を維持するのに重要な役割を果たしてくれるものだからです。年齢とともに減少していくこのセラミドをきちんと補ってあげたいものです。ただ、このセラミドの欠点は、値段が高いことにあります。セラミド配合とありましても、配合量が少なかったりするものもありますので、表示をよく見たりして、しっかりしたものを見つけてください。

 

OFF
sp-kanri