肌ケアご紹介、私はこうして乾燥肌を克服しました

肌が乾燥しやすい、かさかさする、かゆくなってしまう・・。肌の悩みは絶えません。私も昔はそうでした。そんな私がどうやって乾燥肌を克服したかご紹介します。

RSS 2.0

油分でフタは無理


乾燥肌とは、どんなものが当てはまるか、わかりますか?乾燥を和らげるために脂分を補ってみたりしても、それは乾燥から抜け出すことにはならないのです。保湿というのは、湿度を保つという字の通り、水分が蒸発してしまわないように守り、保つことなのです。
正常な角質層は、30%以上の水分をふくんでいます。それが30%以下になると乾燥肌とされています。15%以下になると、自覚症状として肌が突っ張る感じを受けるようです。湿度が下がると、肌から水分が蒸発しようとする作用がおこります。その水分をつなぎとめる働きをするのが、セラミドなどの角質細胞間脂質です。
古い考え方なのですが、クリームやオイルの油分で水分の蒸発を防ごうとする人がいます。いまでは、細胞の働きなどもわかり、セラミドなど角質細胞間脂質の水分をつなぎとめる作用のあるものを補うというのが、今の考えとスキンケアです。
残念ながら、皮脂が肌の水分を保つような作用を持っていると信じられてきましたが、皮脂は肌の水分維持に対してほとんど影響力を持ちません。年齢が上がるにつれて、肌の脂っ気がなくなってかさかさしてきますが、これは皮脂が減ってきたのではなく、セラミドの減少によるものだったのです。
肌が乾燥した時に、クリームやオイルで脂分を補給するのではなく、水分を逃がさない成分を補給することが大切なのです。特に顔に脂分が過剰にあると、ニキビや吹き出物の原因になりますので、セラミドやヒアルロン酸などを使ったほうがいいようです。

OFF
sp-kanri